10年目の子育てぶろぐ

ママになって10年が過ぎました。ママ目線でいろいろな情報を発信していきます

春眠いのはなぜ?寝ても寝ても眠いあなたへ贈ります

春になって環境が変わる人も多いでしょう。

「新年度の始まりだし頑張ろう!」

なんてやる気があふれる反面、春はぽかぽか日差しがあったかくて、昼間に眠気を感じる人も多いのでは? (昼寝したら気持ちよさそうだな~なんて私なら考えちゃいます 笑)

「春だから眠いのはしょうがないよね」なんて言い訳?しているあなた!!
そうなんですっ!春には眠くなる原因があったんです!

今日は春に眠気を感じてしまう原因や、眠気に対する対策法などをご紹介していきたいと思います。

☆本日の目次

春眠いのはなぜ?寝ても寝ても眠い!

春、新年度になると生活環境にも変化があったりして、気が引きしまりますよね! その一方で、眠気に襲われて困るという人も。

考えられる原因は色々・季節の変わり目で自律神経が乱れる
・春になって活動的になり、疲れている
・花粉症でぼーっとしたり薬の副作用
・新生活などでのストレス
・ぽかぽか陽気でリラックスして眠くなる

どうでしょう?
こうやって原因を並べてみると「なるほどなぁ~」と私は思いました。

自律神経が乱れると、睡眠にも影響があると言いますが… 自律神経って色んなことに関わっているようです。
季節の変わり目って体調を崩しがちですが、これも自律神経の乱れが原因の一つらしい。

季節の変わり目って、急な気候の変化に体が追い付かないって感じることありませんか?
私は雪国に住んでいるので、冬が長くて… 春になると気分はウキウキなんですが、なぜか風邪を引いてしまったり^^;
冬の間は暖房をつけてるから、家の中はあったかいんですよね~。 でも、春になると暖房はつけない。だから肌寒い!

こんな感じなので、体調を崩しちゃうのかも。 

f:id:hskkut:20171108150219j:plain

冬が終わり春になっても、まだ体は冬モードのまま、春モードに切り替わってないんですよね。それが眠気となって体に現れちゃうみたい。

また、気候が良くなると外出などもしやすくなって、自然と活動的になります(雪国の場合は顕著です^^; 冬は出ないに限る 笑)

その結果、エネルギー消費量も増えますよね。
すると、沢山のビタミンB群が消費され、栄養不足により眠気が起きるんだそうな。
ビタミンB群は、栄養素の代謝には欠かせないものです。
特にビタミンB1は疲労回復神経機能の維持に力を発揮してくれるので、春先には積極的に摂りたい栄養素であると言えると思います。

ビタミンB群が含まれている代表的なものと言えば、肉類ですかね。
あと、炭水化物でいえばよく色のついたものという表現をしますが、ご飯だったら精米した白いものよりも玄米などがビタミンBが豊富です!

ここまで色々書いてきましたが、春になると体にどんな変化が起こっているか? これがわかると、対策方法もつかめてくると思います。

春の眠気対策は?

f:id:hskkut:20171108150141j:plain

 先ほど、季節の変わり目に自律神経が乱れるから眠気がでるんだという事を話しましたが、ストレスも自律神経を乱す大きな原因と言われますので、春の眠気と戦うためには

・ビタミンB群を補給して疲労回復!
・ストレスを溜めない、発散する!
・自然の摂理ともうあきらめる(笑)

眠気が強烈な場合はつらいかもしれませんが、嫌でもいずれ春は終わり夏になるので^^

「今眠いのは、自然の摂理だからしょうがない!」と開き直ると少しは気が楽になるのではないでしょうか。

だからといって、居眠りばかりもしてられないのが現実。
中国の詩人、孟浩然の作品ですが、春眠暁を覚えず~って皆さん知ってると思いますが… 本当その通り!ですよね。

春の夜は短いが心地よくてつい眠り込んでしまう。朝が来たことも気付かない…というような意味ですが、この感覚って世界共通なんですかね~?

ぽかぽかした日差しを浴びながら寝るのは、気持ちいいですよね。 だからといって、「今日は休みだから…」なんて朝寝坊をしていると、平日の睡眠リズムを取り戻すのに苦労するので、休みの日も朝寝坊はほどほどに!

まとめ

春はなぜ眠いのか?その原因と対処法をお伝えしてきました^^
春に眠くなる原因で、一番に考えられるのは自律神経の乱れ

 季節の変わり目でしょうがない部分もありますが、ストレスでも自律神経のバランスは乱れます。
ビタミンB群を中心に、しっかりと栄養をとって疲労回復に勤めましょう!

環境が変わる春って精神的にも疲れますよね。 心身ともにしっかり休んで、あとは春が過ぎ去るのを気楽に待ちましょう^^;