10年目の子育てぶろぐ

ママになって10年が過ぎました。ママ目線でいろいろな情報を発信していきます

児童手当の使い道を考えてみる

今日、児童手当の現況届ってのを役所に出してきました~。

 

私が住む地域では、あらかじめ住所などが印刷された用紙が送られてきます。

そこにハンコと、他に数か所だけ記入して出すだけです。

 

基本的に申請する内容は毎年変わらないので…その用紙1枚出す為に役所に行くのが億劫だったりもします。

 

もらえるだけありがたいので文句は言えませんがね^^;

 

そのありがたい児童手当ですが、我が家ではありがたく使わせてもらっています。

今日はそのことについてお話しようと思います。

児童手当の使い道

f:id:hskkut:20170602104348j:plain

最初の子供が生まれた時、児童手当について、正直どうしようと思いました。

 

貯金?使う?使うとしたら何に?

 

結局、答えが出ないまま何となく貯金していました。

 

全額貯金すると、結構な額になりますよね。

将来のためにと貯金している人が多い印象ですが、ネット上では

 

「使わず貯金するなんてどういう事?」という声もあるようです…

 

確かに、子供がいない世帯から見ればそう思いますよね。

よその家庭に貯金させるために税金払ってるわけではないですもんね。

 

しかし、使い道は受給者の自由です。

 

わが家では初めの5年くらいはほとんど貯金してました。

(七五三の写真を撮るために、使った記憶はありますが)

 

だけど、今はありがたく使わせてもらっています。

何に使っているか、わが家の使い道をお話しようと思います^^

児童手当は習い事に使ってます!

はい。見出しの通りです^^;

上の子が習い事を始めたのは、年中の時。

それから今まで(現在小5)何かしらの習い事をしています。

 

月謝は口座からの引き落としですが、児童手当が振り込まれる口座と一緒にしました。

 

習い事ってお金かかりますよね...だけど、それを理由にダメとも言いたくない。

 

月謝を毎月、家計から払うとなると結構な負担になります。

だけど、今まで貯めた手当から引き落としにしてるので、その分は家計を気にせずに済みます

 

こういった手当は

「いつ打ち切りになるかわからないから、あてにしてはいけない」

 

なんて考えもありますが、最悪の場合は習い事をやめればすむことなので...

 

しかし中学や高校に行くようになれば、塾通いする可能性も無いわけではない。

 

進路にかかわる事なので、「塾に行きたい」って言われたらどうしようと、今からハラハラしてます 苦笑

 

うちの近所には数年前に明光義塾ができたんですよね。

行くとしたらそこになるのかな?なんて前に考えた時に、HPを覗いてみたんです。

 

そしたら、月謝のシミュレーションができるようになってたので試しにやってみました!

 

通う日数や選択する教科数によって違いはあるんですが、2~3万くらいはかかるのかな~?という予想になりました。

 

これを毎月家計から出すなんて...

現実逃避です 笑

 

児童手当は総額で約200万にもなります。(第三子の場合はもう少し多い) 

 

全額貯金すると大きな金額になりますが、もう少し増やすこともできます。

学資保険に回す人も多い

f:id:hskkut:20170602104715j:plain

うちはソニー生命の学資保険に入ってます。

 

最近は、返戻率の高さを売りにしてる学資保険が多いように思います。

 

元本割れしないものを選べば、掛け金よりも多く戻ってきますからね。

 

児童手当を学資保険の支払いに回す事で、結果的には少し増やすことができます。

 

 

しかしさっきも言いましたが、いつ打ち切りになるかもわからない物です。

 

そこも頭に入れておきましょう!

まとめ

今日は児童手当についてお話ししました。

 

全額貯めると約200万!

 

我が家では、習い事の月謝に使わせて頂いてます。

貯金したり学資保険に回したり、将来のために使う(予定)の人が多いと思いますが

 

万が一打ち切りになっても大丈夫なように、心の準備はしておきましょうね^^

 

それではまた!

さよならっきょ〜(今頃、子供がおぼっちゃまくんにハマってます笑)

 

☆こんな記事も書いてます☆

www.chikuwamamakosodate.com