10年目の子育てぶろぐ

ママになって10年が過ぎました。ママ目線でいろいろな情報を発信していきます

寝跡が消えないのは加齢のサイン?早く消す方法と予防法とは

f:id:hskkut:20171108150623j:plain

朝起きて顔を洗おうと、鏡を見たら...くっきり寝跡がっ!

もうショックですよね...若い頃ってそんなの気にした事なかったのに。
時間が経てば消えるものですが、早く消したい!って時もありますよね。

今日は、そんな寝跡について予防法や早く消す方法などをお話していこうと思います!

寝跡ができる原因は?

うつぶせ寝など、顔を布団に付けて寝ていると、寝跡がついてしまうのはしょうがないと思います。
また、学生時代、机に突っ伏してて寝たら跡が付いたという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? (え?そんな不真面目な事はしてないって?笑)

頭って重いんですよね。大人だと、5キロ前後にもなるんです!(頭の重さは体重の約1割と言われてます)
約5キロの力で、顔を布団に押し付けてたら… そりゃぁ、跡付きますよね^^;  

また、女性だと聞きたくない事ですが… 加齢などで肌のハリが無くなってきたり、むくんでいたりすると跡がつきやすいという事があげられます。

寝跡が付かないようにする方法

f:id:hskkut:20171108150652j:plain

単純なことですが、顔を布団につけないで寝れば跡がつくことはないですよね。
仰向けで寝ればいいって事です。
でも寝てしまえば、無意識のうちに寝返りしてしまいますよね。
いつの間にか横向きになって、顔に跡が…って事にもなりかねません。

でも、寝相までは自分でコントロールできないので、他の方法で寝跡を付かないようにするしかありませんよね。

さっき、肌のハリがなかったり、むくんでいると跡が付きやすいって言いました。 ってことは、逆に言えば肌をハリのある状態にして、むくまないようにすれば寝跡は付きにくいってことですよね?

よく、年をとると跡が消えにくいなんて言い方しますよね。
うちには幼児がいますが、昼寝中でも結構ごろごろ転がって寝てるので、顔に跡がついてる事もよくあります。
でも、やっぱり若さなんでしょうかね? 昼寝の後、午後のおやつを食べてるうちに肌は元通り!(うらやましいわ…)

お肌はとにかく保湿が命!なんて言ったりもしますが、やっぱり年齢を重ねてくると保湿だけでは足りないような気がしてならないです 涙

最近、午前中にテレビショッピングでやってるプラセンタ美容液が猛烈に気になってます 笑
ずっと若い時と同じでいれるわけはないんだけど、やっぱり悪あがきしたいですよね~^^;

お肌が若返れば、寝跡も付きにくくなるし!自分の気持ちも上がるし! ちょっとケア不足かも?って思う場合は、プラスαなにか取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

付いてしまった寝跡を早く消したい時は

ある日、朝起きたらほっぺのあたりに寝跡を発見! 触ってみると完全に肌がへこんでいるのがわかりました 悲

私は主婦なので、跡が消えるのを気長に待つ事もできますが、働いていたり予定があったりするとそんな悠長なことも言ってられませんよね。

寝跡を早く消す方法で調べてみると、どうやら蒸しタオルを使う方法が王道のようです。

f:id:hskkut:20171108145840j:plain

蒸しタオルを当てた後、化粧水などで保湿します。仕上げに顔を冷やして水分を閉じ込めればOK!だそうです。

そう言えば、フローリングとか畳がへこんだ時も、スチームアイロンを当てれば直る!ってテレビで見た事あるぞ!
熱と水の力を利用するわけですね。 顔の寝跡も、原理はこれと同じなのかしら?

まとめ

今日は顔の寝跡についてお話してきました。
顔に跡が付かないような寝方ができればいいのですが、寝返りもしないでずっと仰向けのまま寝るなんて無理ですよね。

だったら、跡が付きにくいようなハリのあるお肌を目指せばいいのです!(口で言うのは簡単だけどね…^^;)

お肌のケアの基本は保湿!ですが、それだけじゃ足りないと思うのであれば、ハリを与えてくれるようなアイテムを使ってみるのもいいのではないでしょうか?
これは気長に取り組むしかなさそうですが。

もし寝跡が付いてしまった時は、蒸しタオルを使って肌を温めてから保湿するという方法が一般的なようです。
それでも消えない時は…もうマスクして出かけるしかないですかね? 最近は顔を隠す目的でマスクをしている人も多いそうですから…(私もすっぴん隠しに使う事あります^^;)

寝跡が消えない時は、ぜひお試しください^^

☆こんな記事も書いてます ☆
子供の寝相が悪いのはなぜ?対処法は - 10年目の子育てぶろぐ

狭い賃貸のトイレに突っ張り棒で棚を作成! - 10年目の子育てぶろぐ