読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年目の子育てぶろぐ

ママになって10年が過ぎました。ママ目線でいろいろな情報を発信していきます

5歳のおねしょはおかしくない!いつまで治す?受診の目安は

f:id:hskkut:20170513212916j:plain

 

毎日のように続く子供のおねしょに、途方に暮れているママはいませんか?

 

かつての私もそうでした。

 

おねしょはいつまで続くの?

おねしょで病院に行くなんて大げさ?

 

など、悩みは尽きません。 

そのうえ度重なる洗濯に、心身ともに疲れ果ててしまいますよね。

 

そんな気持ちが少しでも軽くなるように、

今日は、幼児期のおねしょについてお話しようと思います。

 

☆本日の目次

 

おねしょはいつまで続くの?

f:id:hskkut:20170513153827j:plain

 

こればっかりは人それぞれなので、明確な答えってありません。

 

成長と共に全くしなくなる子もいれば、大人になるまで続いているという人もいます。

 

 

ちなみに、うちの息子は幼稚園の年中までおねしょしていました。

ちょうど、5歳になるかならないかくらいの時です。

 

同じ幼稚園の子で、息子と同じように年中でもする子、卒園の頃になってもまだ治らない子もいました。

 

 

よそのママとこの話をしていて

 

このくらいの年齢(5、6歳)でも、おねしょするのは珍しくないんだな 

 

と思ったものでした。

 

 

うちのお姉ちゃんの方は、おねしょは数回しかしたことがありませんでした。

だから余計に、息子のおねしょの多さが気になっていたのですが、世間的に見ればそうでもなかったのかな?と。

 

 

調べて分かったことですが、夜尿症の8割は男の子なんだそうです。

(正確には夜尿症とおねしょは違うそうですが)

 

 

当時の私は、

調べれば調べるほど

 

「いつまでも治らなかったらどうしよう?」

 

と余計に心配になっていました。

(こういう時、ネットの便利さが仇となる...と感じてしまいます^^;)

 

 

日常生活でいくつか注意した部分もありましたが、最終的に息子は5歳でおねしょはしなくなりました。

 

 

大丈夫です。なかなかおねしょが治らないのなら、お医者さんに相談するという方法があります。

 

おねしょで病院?とちょっとためらってしまうかもしれませんが、受診の目安をまとめましたので参考にどうぞ。

 

受診の目安・行くなら何科?

幼児の場合は、体がまだ成長途中というのもあって、おねしょをしてても気にすることではないようです。(...と言われても気になるけどね^^;)

 

毎朝おしっこの臭いで起こされて、気にならないママはいませんよね。

 

息子がおねしょ真っ盛りだった頃、うちでは防水シーツを敷いてなんとかしのいでました。

 

www.chikuwamamakosodate.com

 

布団を汚さないように対策しても、根本的におねしょを治さない事には悩みは解消されません。

 

受診する目安としては、小学校に上がっても頻繁におねしょが続く場合。

 

小児科でもOKですが、夜尿の専門科や泌尿器科の方が詳しい場合もあるかもしれません。

 

 

ただ、それなりの年齢になってくると、おねしょで病院に行く事を嫌がる子もいるかもしれませんね。

 

そんな場合は、かかりつけの小児科で何かのついでに聞いてみるというのがいいかもしれません。 

 

 

子供の夜尿症は、自然治癒するのは年10〜15%と言われています。

病院で治療を受けた場合は、1年後には50%の子が治癒できるそうです。

 

 

治療法は、年齢や症状の状態で変わってくるとは思いますが、生活習慣は必ずチェックされると思います。

 

まずは、生活習慣の見直しをしてみて、改善が見られなければ受診するという流れでいいのではないでしょうか。

 

おねしょを治すには生活習慣から

f:id:hskkut:20170513212326j:plain

 

当たり前ですが、水分をたくさん摂るとおしっこの量も増えますよね?

 

全く飲まないというのは現実的じゃないですが、夕方以降は水分を控えるようにしましょう!

 

 

うちの場合は、お風呂上がりに果物を食べるという習慣がありました。

 

夏だとスイカとか、メロンとか…

おいしいものが沢山ありますからね^^;

 

しかし、果物は利尿作用があるものもありますし、何か食べてると飲み物も欲しくなります。

 

 

うちのように、寝る前の団らんに何か食べているというご家庭は、少し控えめに^^;

 

 

そして、寝る前には必ずトイレに行きましょうね! 

 

まとめ

おねしょがなかなか治らないと、不安も大きくなりますよね。

 

幼児期までは、体も成長途中なので「おねしょするのも仕方ない」とどっしりと構える気持ちも必要です。

 

しかし、小学生になっても頻繁におねしょする…という場合は、受診する事も考えてみましょう。

 

受診する・しない、どちらにしろ基本となるのは生活習慣です。

 

寝る前まで水分を摂っている、という場合は控え目に。

寝る前にトイレに行く事もお忘れなく^^