10年目の子育てぶろぐ

ママになって10年が過ぎました。ママ目線でいろいろな情報を発信していきます

朝確実に起きる方法!?17年前に気付いた秘技!

「起きなくては…!」と頭では思っているのに、体が追いつかない。
あとちょっとだけ…のつもりだったたのに、時計を見たらギョッとした!
そんな経験ありませんか?

これから冬になるにつれて、ますます布団から出たくありませんよね。
だけど、ある事をすると目が覚めるという事を、学生時代発見したんです。
それを今日はお話したいと思います^^

目次

朝、確実に起きる方法!

答えを先に言っちゃうと、寝起きでチョコを食べるです。

f:id:hskkut:20171108145155j:plain

学生時代にこの方法を思いついたんですが、ちょこっとだけ、そこに至るまでの経緯を聞いていただけます?

学生時代、私の家に居候していたSちゃん。
Sちゃんは元々夜型の生活をしていたんですが、私の家に居候していた時は朝から勉強や仕事など、朝方の生活スタイルになりつつありました。

…だけど、朝ぜんっぜん起きれない。

ってわけで、私に「起こして」と頼んできました。

声をかけたり、体をゆすってみたり… とりあえず一般的な起こし方?で起こしてみたんだけど、なかなか起きない!

そこで、私もない頭をひねって考えたわけです(笑) そして、考えついた方法は

「あーもう、口にお菓子つっこんでやろう!」

あれこれ手を尽くしても(大げさ^^;)なかなか起きてくれないので、私もちょっとやけくそで(笑)
ちょうど家にポッキーがあったので、Sちゃんに「起きてー」と声をかけつつ、ポッキーを食べさせました。

本人はまだもうろうとしていて全然目覚めてなかったけど、口はモグモグと活動してました。
そして、ポッキーを数本食べるうちにパッ!と目覚めた!!

なかなか起きれず苦労していたSちゃんも、「これはいいぞ!」と感じたみたいで

「今度から、起こす時はお菓子食べさせて!」と言ってました^^;

こんなことから、寝起きで何か食べるといいと経験でわかったのですが、最近読んだ本にも同じような事が書いてありました^^;
眠りの専門家にとっては、結構知れた方法なのかな?

朝、なかなか起きられないと困ってる人は、枕元にチョコとか置いて寝てみて下さい!

そして寝起きで食べましょう!

寝る→起きる という行為は毎日のことなので、できるだけ気持ちよく目覚めたいですよね。
毎朝すっきり起きるために、他にできることはないか?次項にまとめてみました!

朝スッキリ起きるには?

光を利用する

よく言われる事ですが、いい目覚めの為には光の力を利用しましょう!
朝、日の光を浴びると体内時計がリセットされ、体のスイッチがONになるというようなことは聞いた事があると思います。
そのため、カーテンを開けたまま寝ているという人、結構いるみたいですね。(私もです…)
しかし、冬だと朝6時くらいでもかなり暗いので、カーテンを開けてようが閉めてようがあまり変わらないような気もしますが^^;
リモコンで操作できる照明だったらリモコンをすぐ近くに置いといて、目が覚めたらすぐに部屋の電気をつけちゃうのがいいと思います。 まぶしいので「朝だぁー!」って思いますよ。

規則正しい生活

私の場合普段から寝起きは悪いんですが、寝不足状態だといつもよりつらい!です。
必要な睡眠時間は人によって違いますが、自分にとっての最低限の睡眠時間は確保しないとダメですね~やっぱり。
テレビやスマホを見てると「え!?もうこんな時間?」なんて事もありますが、やはり眠くなったらさっさと寝ないとダメですね。

冷たい水を飲む

f:id:hskkut:20171108145229j:plain

調べてみると、多くの方がやっている方法の一つです。
個人的には、水を飲みに行くまでが大変なんだけど…と言いたいところですが^^;

でも人によっては、水ではなくて白湯を飲むという人もいるので、冷たい水というのにこだわらなくてもいいのかも。(キンキンに冷えている方がすっきりするイメージはありますが)
常温でも構わないなら、枕元にペットボトルの飲み物を用意して寝るといいかもしれないですね。 寝起きだと喉が渇くこともあるし、口の中もなんかすっきりしないって事もあるし。
ペットボトルから飲むためには、体を起こさないといけませんしね。 そうしてるうちに自然と目も覚めてくるでしょう。

さて、気持ちよく起きるためにはどうしたらいいかを色々書いていますが、見落としてはいけないのが気持ちの面です。
極端な人だと「朝の目覚めでその日の気分が決まる」という人もいますよね…。 (毎日忙しすぎて、ものすごくストレスを抱えているという人に多いような感じがしますが) 毎日、楽しみにしている事って何かありますか?
次はこれについてお話していこうと思います。

朝起きれないなら、起きる理由を作る

f:id:hskkut:20171108150345j:plain

社会人の場合、仕事の日は朝がつらい… でも、休みは休みでダラダラ寝てる。
こんな生活パターンの人も多いのでは?
単純に疲れてるからってのももちろんあるけど、起きる理由がないからダラダラ寝ちゃうのでは?

自分の子供を見てるとわかるんですがね、学校がある平日はなかなか起きない!
やっと起きたと思っても、その後居間に行ってストーブの前でゴロゴロしてる…とまぁこんな感じです。

だけど日曜日は全然違う!
起こさなくても、自分でそれなりの時間に起きます。
起きてからは、さっさとテレビの前にスタンバイ! そしてゲームも…

このように、起きてからの楽しみがあると、スッと目覚めるみたいです。
だけど、毎日起きたら楽しい事なんて…そうそうないですよね〜(*_*) 大人になるほど特に…(悲)
そんな時は、何か習慣があるといいと思います。 パッと思いつくのは、犬の散歩とか? 別にひとりで散歩でもいいんですけど。
何かを習慣づける事によって「◯◯するために起きなくちゃ!」という気持ちがだんだん芽生えてくるようです。(健康の為に毎朝ウォーキングしていた義母が言ってました)
まあ、散歩だと時間かかっちゃうんで、学生や働く世代には難しいですかね?雨降ったらサボりたくなりそうだしね(´-`)
もっと短時間で、毎日できそうなもの… 朝の定番といえば、ラジオ体操くらいしか思いつかない( ´Д`)
でも、前に「大人のラジオ体操」って流行ったし、痩せれるかも?なんて期待を込めてやるのもいいかも〜^^

まとめ

いかがでしたか?朝、確実に目覚める方法など、私の経験も踏まえてお話しました。 布団の中でモヤモヤといつまでもすっきりしない場合は、何か食べましょう!

枕元にチョコとかバナナとか、寝起きでもすぐにエネルギーを補充できる物を用意しておきましょう!

また、寝起きで水を飲むというのも人気の方法です。ペットボトルの飲料も一緒に用意するのもいいですよ。
学校や仕事がある日は、朝から気分がどんよりして「起きたくないなー」と思うのはしょうがないです。 そんな日々の中でも、ちょっとだけ楽しみな事や習慣を見つけると、朝起きる時の精神的つらさが和らぎますよ。

できることから実践してみて下さいね^^