10年目の子育てぶろぐ

ママになって10年が過ぎました。ママ目線でいろいろな情報を発信していきます

寝だめは効果ある?休日の正しい寝方とは

f:id:hskkut:20171108150338j:plain

日頃の睡眠不足を補うためとか、疲労回復のために休日にまとめて寝ているなんて人いませんか?
もしくは、これを見ている人は「休日にまとめて寝るのって、なんか意味あるんだろうか…?」なんて思っているかもしれませんね。

最近では睡眠不足が続き、不足分が蓄積した状態を睡眠負債と言ったりしますが、聞いたことあるでしょうか?

若かりし頃の私は、休日にまとめて睡眠をとる寝だめ人間でした^^;
今日は私の経験をもとに、寝だめには意味があるのか? どんな効果があるのか? お話していこうと思います^^

☆本日の目次

そもそも寝だめってできるの?

結論から言うと、世間の考えでは「NO」なんだそうです。
でも、私個人的には「YES」だと思ってます!

まぁ、考え方の違いって言うか…とにかくちょっと聞いてください(笑)

「食いだめ」ができないと言われるように、「寝だめ」することもできないと言われています。・・・でもさぁ、お昼にバイキングとかで食べ過ぎちゃったら、その日の夜ご飯って食べれなくないですか? (これってお昼に、夜の分も食いだめしたって事にはならないんでしょうかね?)まぁいいや。今は睡眠の話です。

例えば、「大晦日は夜更かしする予定だから、その日の朝は遅くまで寝てよう」 こう考える人ってあまりいないですよね。(いるかもしれないけど^^;)
でも、「昨日は夜更かししたから、今日は早めに寝よう」 こういう風に考える人は多いと思います。   あらかじめ寝ておくこと(寝だめ)はできないけど、睡眠不足を後から補う事はできる これが一般的な考えのようです。

先取睡眠ではなく後から不足分を補う

私が22歳くらいの時、バイトをいくつか掛け持ちしていた時がありました。(我ながらよくやったと思います^^;)
勤務時間は自分で選べるところもあったので、臨機応変に調整していました。

その頃の私の生活はこんな感じ。
バイトA 16時~23時
     ↓
バイトB 0時~ 9時
     ↓
帰って4時間くらい寝る、そしてまたバイトに行く…とか  

バイトB 0時~ 9時
     ↓
バイトA 11時~17時
     ↓
4時間くらいの睡眠の後またバイト…とか、こんなんの繰り返しでした。

当時は若かったからなんとかなりましたが、今同じ生活をして下さいって言われたら相当キツイです。
今になって振り返ると、「自分で自分をほめてあげたいっ!」こんな感じです^^;  

基本、4時間前後の睡眠時間で生活していたんですが、どちらか一つのバイトが休みの日は時間ができるわけです。

その時にとにかく寝る!!

日頃の寝不足解消と、また始まるハードな生活に備えて、寝れるだけ寝ていました。   私としては 「またしばらく寝れない日が続くから、寝れる時にいっぱい寝ておこう!」 という風に思っていたんですが(つまり、私は寝だめしているつもりだった)

でも、多くの人は寝だめはできないと言います。
私の場合も、ただ単に寝れなかった分を休日に取り戻しただけだったんですかね。
もちろんこんな不規則な生活は絶対におすすめしません!(経験者は語る…)

でも、かつての私のように生活の為に仕事を掛け持ちしていて、ゆっくり寝る時間がない!なんて人もいるはずです。
こんな不規則な睡眠でも、休日に長く寝た後はそれなりにリフレッシュできるんですよ?だから私は意味があったと思っています。

寝だめの効果は?

f:id:hskkut:20171108150534j:plain

(寝だめはできないと言いますが、ここでは寝だめという言葉を使わせていただきます)

・睡眠不足の解消 ・疲労回復 ・精神的な休養

日頃忙しくて睡眠時間が確保できないような生活でも、休日に寝だめすることでこれらの効果が得られます。

「寝だめしても意味なんてない」という考え方が多いようだけど、私自身の経験からいうと寝だめにも意味はあると思う!

長く寝ることで睡眠不足も解消されるし、「しっかり寝た」と思える事で気持ち的にも安心できます。 まともに寝る間もないほど忙しいと、精神的にもいっぱいいっぱいになりがちですからね。

正しい寝だめの方法?ただ寝るだけではダメなのか

休日に寝だめする事は、私は良い選択だと思ってます。(だって、かつての私もそうしていたから)
しかし、調べてみると「正しい寝だめ」という物があるらしい。

なんだそれ?

「寝だめ」というほど長時間ではなくても、休みの日にちょっとゆっくり起きる、なんてのはよくある事だと思います。

しかし、そこに落とし穴があるというのです。
いつもよりも睡眠時間を長くとりたい場合、遅く起きるのではなく早く寝るというのがおすすめの寝だめ方法らしい。

「休みの日くらい早く寝ようかな...」
私もこのように考えた事があります。
でも、「せっかく休みなのに寝るのももったいなくね?なんて思うよね~」って友達と話したことがあります。

で、結局いつもと同じ時間に寝るって言うね^^;

精神的なストレスを溜めないってのは、生きてく上ではとっても大事! だから、寝るよりも優先したいことがあるなら、無理に寝なくてもいいと私は思います。

睡眠不足はいずれ取り返せる   このくらいの軽い気持ちでいるのも大事だと思いますね~。

まとめ

寝だめはできないなんて言われていますが、休日など時間に余裕がある時にたくさん寝るのは私はアリだと思います!

日頃の睡眠不足の解消はもちろん、しっかり寝ることで精神的にも安心できます。  

毎日規則正しく生活するのが一番なんですが、いろいろな理由でうまく行かないこともありますよね。


「毎日寝不足だ…!」

そんな人は、休みの日に思う存分寝だめして下さい!
「そんなことしたら睡眠のリズムが崩れてしまう」こんな意見もあると思います。
が、日頃から睡眠不足なのであれば、すでに睡眠のリズムが狂っているとも考えられるので、今さらそんなことは気にせずに好きなだけ寝てもいいと思います。

好きなだけ寝たい! そんな精神的欲求を満たすのも、時には大事だと思いますので^^  

睡眠リズムは人それぞれ違います。 自分が調子よく生活できるリズムをつかんでくださいね!