10年目の子育てぶろぐ

ママになって10年が過ぎました。ママ目線でいろいろな情報を発信していきます

生理前は眠い!猛烈な眠気の原因と対策

f:id:hskkut:20181022103243j:plain

昼間にうとうと… 眠くなることって誰でもありますよね。
でも女性の場合、「なんだかわからないけどやたらと眠い!」って感じることありませんか?

生理前になると、眠気を感じている女性は8割以上もいるそうです!

毎月の事なので、ちょっと困っちゃいますよね^^;
今回は、生理前に眠くなる原因や対策方法をまとめました。
これでつらい生理前の眠気も、乗り切りましょう♪

生理前眠いのは当たり前?

女性の体は生理周期に合わせてホルモンバランスが変化しています。
生理前には黄体ホルモンが多く分泌されますが、この黄体ホルモンは体温を上げたり、睡眠を促す働きがあると言われます。

「生理前は暑くて寝れない!」という女性いませんか?
普通、人の体は夕方以降、夜にかけて体温が下がってきます。
だけど生理前は黄体ホルモンの影響で、昼間の高い体温のまま夜を迎えてしまうので、暑さを感じて寝れないわけです。
そのせいでなかなか寝付けなかったり、熟睡できなかったりと寝不足状態に。

これが数日続くわけだから、昼間眠気に襲われるのも仕方ない…という訳です。

生理とは関係なく、ランチの後は眠いなぁ~なんて思う事もあると思いますが、生理前の昼間の眠気はなんだか強烈!(私の場合^^;) 対抗策はあるのでしょうか?

生理前の眠気対策

f:id:hskkut:20181022103921j:plain

生理の前に眠気を感じるのはホルモンの影響なので、言ってみれば自然現象なわけです。
生理周期が安定している人の場合、いつごろから眠気が現れるというのがだいたい想像できると思います。

なんと!眠くなる時期を事前に把握しておくだけで、安心感からか症状がひどくならずに済むという人もいるんだとか。(歯科治療の前に覚悟を決めておくと「思ったよりも痛くなかった^^」って言うのと同じかな~?)

自分のPMS症状がいつから現れるのか、チェックしてみましょう!
私の場合、生理の10日くらいも前からイライラなどの症状が出始め、その数日後には昼寝しないとやってられないくらいの眠気を感じることがあります。

昼に眠くなる原因の一つとして、さっきお話しましたが夜に熟睡できなくなるというのがあります。
眠いから早く寝ようと思っても、熟睡できない…つらい数日間です^^;

生理前になると食欲が増すという女性もいるようですが、夕食を食べ過ぎたりカフェインの摂りすぎは夜の睡眠にも影響するので気をつけましょうね!
耐えられないほどの眠気やだるさを感じる時、時間が許す時は子供と一緒に昼寝しちゃうのですが、いつも昼寝ばかりはしてられない!

生理前の眠気やだるさ、解消方法はあるのでしょうか?

生理前の眠気とだるさを吹き飛ばせ!

ホルモンの影響で、生理前は睡眠の質が悪くなりがちです。

睡眠不足を補うためには早く寝たいところですが、寝つきが悪くなる時期でもあるのでなかなか寝れない事も。

早く布団に入っても、「寝れないなぁ~」と無駄にごろごろするよりは、数日間の辛抱だ!とある程度割り切って過ごすことも必要ではないかと思います。
昼間眠気に襲われたら、あきらめて寝てしまうという女性、結構多いみたいです^^;
休み時間などをうまく利用して仮眠をとっているんでしょうね。

あとは体を動かして気分転換をするという方法もおすすめです。
生理前は気分も沈みがちになるしね^^
可能であれば、外の空気を吸うのもいいですね。
あとは、眠気を忘れるほど目の前の事に超集中する!なんて方法も...。

まとめ

今日は、生理前眠い原因と、対処法などをお話してきました。
生理前は黄体ホルモンの影響で、体温が高く夜も熟睡しにくくなってしまいます。
それが数日続くので、昼間に眠気を感じてしまうのはある程度は仕方のないこと。

対策、対処法としては

・眠気が起こる時期を把握しておく
・夕食の食べ過ぎ、カフェインの摂りすぎに注意!
・あきらめて仮眠をとる
・気分転換をする
・眠いのを忘れるほど仕事などに集中する


数日間だけど毎月やってくる強烈な眠気。
戦っているのはあなただけではありませんよ(^^)
心身ともにデリケートになる時期ですが、なるべく体を休めて過ごしましょうね。