10年目の子育てぶろぐ

ママになって10年が過ぎました。ママ目線でいろいろな情報を発信していきます

もっと寝た方がいいかもよ?自覚症状ない睡眠不足症候群とは

休息のための健康食品、よく見かけるようになりましたね~。
それだけ、現代人は眠りに関する悩みを抱えてるってことですね^^;

日々忙しい現代人なら、誰でもなる可能性があるのでは?と私は思っていますが 睡眠不足症候群って聞いた事ありますか?

気付いてないだけで、あなたもそうかもしれませんよ!
休んでいるつもりでも、体がだるい、イライラする・・・とか心当たりはありませんか?

今日は睡眠不足症候群についてまとめてみました。

睡眠不足症候群ってなに?


睡眠不足って誰でも経験あると思うんだけど、症候群なんて言われると
「えっ?なんかやばいの?」
 なんてちょっと身構えちゃいますよね^^;

睡眠不足症候群とは、字を見て分かる通り睡眠が足りてないという事。
症候群って言うぐらいだから、一時的な寝不足って言うよりも慢性的な状態とイメージすればわかりやすいでしょうかね?(私はこのように解釈してますが^^;)

 名前だけ聞くと、ちょっと心配って思っちゃいますが自分はどうなのか?自分でチェックする方法がありますよ~!

睡眠不足症候群?と思ったらチェックしてみよう!

睡眠不足症候群のチェック方法はとっても簡単!です。  

休日の睡眠時間と平日の睡眠時間を比べてみて下さい。 平日に比べ、休日は2時間以上長く寝てませんか?

当てはまったあなたは立派な!?睡眠不足症候群です。

私の話ですが、今は家庭を持ったので休みの日でもそれなりの時間には起きます。(子供って休みの日ほど早く起きるのはなんでだろうね^^;)
でも、若い頃(独身の頃って言った方がわかりやすいかしら?)は休みの日は昼過ぎまで寝てるのが当たり前でした・・・(約束とかあればちゃんと起きるんだけどね)

私も、おそらく睡眠不足症候群だったんでしょう。
しかし規則正しい生活が良いとはわかっていても、なかなか難しいのが現実ですよね。
どうやったらこの症状から抜け出せるのか...調べてみました。

睡眠不足症候群の治し方

睡眠不足症候群を治すには、シンプルに寝ること!です。
普段から睡眠時間を確保する事が理想ですが、どうしても時間がない!という人は、休みの日にでもしっかり寝てくださいね。

私も、日頃の睡眠負債を取り返すために、休みの日にまとめて寝ていた経験があります^^;
「寝ればいいだけなら、対処法は簡単だね!」なんて思ってしまいがちですが、   睡眠不足の状態が続くと、イライラしたりなんだか優れないという事もありますし、ひどい場合にはうつを引き起こす可能性もあると言われてます。睡眠は毎日の事なので、一日一日しっかり確保できるように少しは意識してみて下さいね^^

まとめ

休みの日になると、いつもよりも2時間以上も多く寝てしまう。 これが睡眠不足症候群です。  
自分では寝ているつもりでも、休日にそんなに寝てしまうって事は普段から睡眠が足りていない証拠です。

若い時は若さで乗り切れる!部分もあるかもしれませんが、私は30代になってから「若い時とはやっぱ違うな…」と感じるようになりました 苦笑

夜更かしすると、次の日は頭痛がしたり、そのせいもあって気分も優れない。
そして、日中は強い眠気が!

日中、活動的になれないなら「夜更かしして自分の趣味を楽しんでも、なんだか意味ないな」と感じるようになったので、最近では遅くならないうちに寝るようにしています^^;

年齢とともに、優先したいものの順位が変わって来たってのもあると思いますがね。
若いってやっぱそれだけで素晴らしいんだな…と感じる今日この頃です 笑

みなさん、あまりムリはしちゃダメですよ!